税務調査について知っておきたいこと

企業は毎年税務申告をする必要がありますが、その申告内容が正しいかどうかチェックする為に税務調査が行われます。

和歌山の税理士の関連情報がご覧になれます。

ただし毎年必ず調査される訳ではなく、頻度としてはおよそ10年に一度ぐらいの割合になります。
一般的には調査が行われることは事前に通知があります。改めて何か調査に対する準備をする必要はありませんが、申告書などの再確認ぐらいはしておいた方が良いかもしれません。

相模原の税理士情報探しのヒントをお教え致します。

税務調査と聞くと怖いイメージがありますが、きちんと申告していれば何も心配する必要はありません。
ただし調査を受けた企業の7割ほどは何らかの指摘をされますので、その際は指導に従うようにします。税務調査に来られやすいケースはいくつかあります。

岸和田の税理士の情報探しをお手伝い致します。

一つは急激に売上が伸びている企業です。

大阪の債務整理の信頼できる情報を得るために調査した結果をまとめたサイトです。

売上が増えることによって納めなければいけない税金も増えてしまいます。

岡山の会社設立についての総合情報ポータルサイトです。

その為何らかの節税対策を通常は行いますが、その節税対策が適切かどうかという点に目をつけて調査されることがあります。


この点で指摘を受けない為には、洩れなく売上を計上しておく必要がありますし、不適切な経費計上はしないことが大切です。


交際費の中に会社とは関係の無い個人的な交際に関する費用が計上されていないか、架空の人件費を計上していないかなどをチェックされます。



きちんと証明する為には必ず領収書を保管しておくことが必要です。



もし顧問税理士がいる場合には、税務調査に立ち会ってもらうことも出来ます。

普段から帳簿のチェックなども依頼している場合でしたら、社内の人間以上に詳しいこともあります。



何よりも税務調査の対応に慣れていますので、心強いです。

関連リンク

税務調査の対応に関して

税務調査の対応に関して考えると、そこでは色々な税に関する正しい処理を行っているかなど、調べられる状況となります。色々な経理の作業を行っている帳簿や伝票などを請求書などを元にどんな仕分けを行っているのか調べていく作業であり、税務調査は数年に一度法人であればチェックされる状況となります。...

more

税務調査は、申告を怠った場合に受けることになります

税務調査とは、税務署等の納税に関する官公庁舎が行う言わば抜き打ちチェック的なものとされています。要するに、財産を譲り受けた人の場合で、特に申告を怠ったときに税務署が行うものであり、所得税の課税対象となる取引や物を譲り受けた場合、相続税に関する財産の相続等を受けると、税務署等は必要に応じて調査を行うことになっています。...

more