税務調査は一つに限定されない

税務調査の内容は、一つに限定されないという特徴があります。



そのため、実際に税務調査が来たときにはどのような目的でやってきたのかをしっかりと確認しなくてはいけません。



日本国内で納税しなくてはいけないものは大きく分けて三つあります。


所得税と法人税と消費税です。



この中で、消費税に関しては国家が政策として決めた分だけしっかりと支払わなくてはいけないためこれに関して申告で間違えることはありません。問題なのは、所得税と法人税の二つです。


所得税や法人税に関しては、会計上の間違えがあればかなり大きな金額で納税額が違ってきてしまうので、注意をしなくてはいけません。



実際にこれらの申告に間違えがあったときには、税務署から法律的知識に強い人が直接やってきます。



税務職員の怖いところは、最初にどのような目的でやってきたのかを言わないことです。



税金に関して間違った部分があるとしても、その間違った部分を直接的に問わずにまずは大きな枠組みで質問してきます。


その質問の返答によって帳簿に記載されている実地調査や取引内容を審査する反面調査などを行ってきます。



当然、申告をきちんと行っていたのならばこのような税務調査で何も悩むことはありませんが、きちんとした申告をしていたにも関わらず調査に来た場合には税法の解釈の違いからお互いの意見も分かれることもあります。


こうした面倒なことにならないようにするためにも、相手が税法に詳しい人を連れてきている場合には税理士などの専門家に事前に相談しておくことが大切です。



関連リンク

税務調査の対応に関して

税務調査の対応に関して考えると、そこでは色々な税に関する正しい処理を行っているかなど、調べられる状況となります。色々な経理の作業を行っている帳簿や伝票などを請求書などを元にどんな仕分けを行っているのか調べていく作業であり、税務調査は数年に一度法人であればチェックされる状況となります。...

more

税務調査は、申告を怠った場合に受けることになります

税務調査とは、税務署等の納税に関する官公庁舎が行う言わば抜き打ちチェック的なものとされています。要するに、財産を譲り受けた人の場合で、特に申告を怠ったときに税務署が行うものであり、所得税の課税対象となる取引や物を譲り受けた場合、相続税に関する財産の相続等を受けると、税務署等は必要に応じて調査を行うことになっています。...

more