税務調査は決して怖くない

日本に企業は、年に一度税務署に対して税務申告をする必要があり、それに基づいて納税することになります。



この時、その申告内容に誤りがあってはいけないため、税務署が税務調査という形で申告内容の詳細を確認しに来ます。



基本的には、事前に調査を行うことを通知するため、準備ができないということはありませんが、稀に通知なく突如調査に来ることもあります。



しかし、この場合には、税務調査を受けることを拒否することができるので、やはり帳簿等をきちんと準備することができます。



具体的に、どのような点が調べられるかですが、基本的には過少に所得を少なく申告して脱税をしていないか、またわざとではないにしても、会計処理のミスで税務申告に誤りがあり、納税額が少なくなっていないかが中心となります。具体的には、適切な会計期間に売上が計上されている、人件費や仕入等の費用を過剰に計上していないかが調べられることになります。



これらは、会計利益を少なくして、税務上の所得を少なくしようとする行為であるため、特に気を付けなければいけません。



しかし、多くの企業では税理士や会計士のような専門家が帳簿の作成に関与しているため、悪意を持って所得の金額を操作していなければ、予期せぬ税務調査にも動じることなく対応することができるはずです。



また、会計処理を行ったものについては、その領収書等を漏らさず残しておく必要がありますが、これについては企業にとって当然のことですので、税務調査が来るからと言って慌てて探すようなものでもなく不安に感じることではありません。

ただし、税務調査は毎年行われる訳ではなく、何年かに一度前触れもなく通知がくるため、日ごろから適切に帳簿を作成しておくことを欠かさないことで、安心して税務署の職員に対応することができます。



関連リンク

税務調査は一つに限定されない

税務調査の内容は、一つに限定されないという特徴があります。そのため、実際に税務調査が来たときにはどのような目的でやってきたのかをしっかりと確認しなくてはいけません。...

more

税務調査は決して怖くない

日本に企業は、年に一度税務署に対して税務申告をする必要があり、それに基づいて納税することになります。この時、その申告内容に誤りがあってはいけないため、税務署が税務調査という形で申告内容の詳細を確認しに来ます。...

more